その他

【キックボード・スケートボード】公道上で使用できる?(電動キックボードのおすすめ紹介)

キックボードとは

ご存じのとおり、キックボードとは、地面をけって進むハンドル付きの乗り物です。

正式には「キックボード」という名称でK2社が登録商標をとっています。

国内ではメーカーに関係なく、キックボードという言葉が使われています。

2輪や3輪のものがあったり、モーターのついた電動のものがあったりと様々です。

子供から大人まで簡単に乗りこなすことができる乗り物です。

道路交通法では交通量の少ない場所で使用可能

では、キックボードやスケートボードを公道上で使ってもよいのでしょうか。

道路交通法には以下のように禁止行為が定められています。

【道路での禁止行為】

交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。(道路交通法第76条4の3)

キックボードという文言はありませんが、上記法令に適用されるようです。

ついでに、ボール遊びやスケートボードなどの道路上での遊び全般を含んでいると理解してよいそうです。

つまり、道路交通法では、

「車や人の通行が多い道路においては、キックボードを使えない。」ということになります。

反対に、交通量があまりない道路上では、

「ひんぱんな道路」にあたらない場合においては、

キックボードを使うことができるともとらえられます。

 

交通のひんぱんな道路とは

明確な基準は定められていません。

言葉のとおり、それなりの人通りや交通量のある道路では使用できないことになります。

また、その場所、その時間帯、周辺環境等、諸々を考慮したうえで、

その場所が頻繁な道路なのかどうかを判断する必要があるようです。

頻繁かどうかの判断は警察署や裁判所が行うことになるかと思います。

 

他の交通の妨げになる場所では使わないこと

道路交通法は道路を安全に効率的に通行するための環境を整備するという目的があります。

そのため、あなたの行なった行為が、交通の安全や効率を妨げていないでしょうか。

ということが、個人でできる一つの判断基準ですね。

 

電動キックボードは原付扱い

ただし、電動キックボードは注意が必要です。

電動キックボードは、原付(原動機付自転車)として扱われます。

そのため、以下のことが必要になります。

・運転免許取得(原付)

・ヘルメット着用

・税金の支払い(軽自動車税1年1,000円程度)

・自賠責保険への加入義務

・ナンバープレートの取り付け

・安全装置の取り付け等(ミラーやライトなど)

以上のことを満たせば、行動を走行することができます。

電動キックボードは便利

最近では街中で電動キックボードを利用している人を見かけるようになりました。

自転車のようにペダルをこぐ必要もありません。

バイクや車のように駐車や保管も難しくありません。

最新の移動手段として、今後ますます普及していくことが予想されます。

電動キックボードのおすすめ商品

セグウェイ ナインボット

新たな乗り物開発で有名なセグウェイの商品です。

品質、安全性ともに高く、信頼できる商品です。

詳しくはコチラ

COSWHEEL EV Scooter

サドル付きで、電動バイクのような感覚で使用することができます。

1回の充電で、 35km走行可能で、電気代は約13円と経済的です。

詳しくはコチラ

WJW キックボード

詳しくはコチラ

まとめ

・キックボードは交通量が少ない場所で利用することは可能

・電動キックボードは原付扱い

・電動キックボードは最新の移動手段

 

 

本記事に記載の情報につきましては細心の注意をしておりますが、誤り等ございましてもご容赦願います。

誰でも簡単副業・お小遣い稼ぎならモッピー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆめふわ

旅行好きな陸マイラー兼ブロガー。アラサー都内会社員。趣味はマイルやポイントを貯めて飛行機や新幹線に乗って旅行すること。旅のスタイルはのんびり。

-その他
-